「前Qのほめぱげ」という名のブログ

アニメ好きなおじさんこと前Q(前田久)が、なるべくアニメの話をしないという縛りで書いていくブログ……のはずが、ほとんどただの仕事履歴に。Twitterの方がアクティブだよ。 https://twitter.com/maeQ

私と「ジャンプ+」(第1回)

shonenjumpplus.com

『兵士とブリキ屋』痺れましたね。

春からのわずか半年弱で、現在進行形の事象をこんなふうにビビットに受け止め、作品に昇華できるもんでしょうか。震えたわ。

烏有先生 - ジャンプルーキー!

↑著者の前作であるところの、こっちの読み切りもキレキレ。後半、世界がぐわっと広がるところが圧巻でした。空恐ろしい才能ですわい。

【追記】

矢野 椽大 on Twitter: "10年ほど前に描きかけて、筆が止まっていた作品でした。今回表に出す機会をいただけて、本当にありがたいです。 #ジャンププラス https://t.co/iWZ7ucAckY" / Twitter

おー、なるほど。もともと持っていたアイデアに……ってことなのか。

……ってな具合で、気がつけば「ジャンプ+」の話をしてしまう昨今です。

たまにTwitterのspace機能で一人しゃべりを垂れ流しているんですが、そこでも「ジャンプ+」の話をすることが多いような。そんなに「ジャンプ+」が好きになったのか、前Q。そうだよ。『チェンソーマン』の2部もやってるし。

というわけで、以下、つらつらと好きな読み切りを貼っていきますよ。

半分は自分用のメモ代わり。

shonenjumpplus.com

主人公がギャルな時代劇。イロモノの出落ちかと思わせて、ものすごい骨太な読み応えだった。ギャルなことにちゃんとテーマ的な必然性があるのよ。騙されたと思って読んでみてください。

 

shonenjumpplus.com

ヤングケアラー問題に興味を持って関連書籍を何冊か手にとってみたりしていたのだけれど、ある日突然、ド直球の内容の読み切りが載ってびっくりした。最後を美しくまとめすぎだという批判もあったみたいだけど、この問題の割り切れなさを形にする上でのひとつの最適解じゃないかと私は思いますけれども。現実に題材が近づくほどに、安易に断定的な結論を出せなくなりますわね。そういうものに果敢に挑んでいる人たちは尊いのではないか。微力ながら応援したい。

これ読んで興味を持った人は、このあたりの本を手にとってみたりするとよいかも。

 

shonenjumpplus.com

超偏愛してます。理想のギャグマンガ。隠しても隠しきれない……いや、あんま隠してない変態性がツボ過ぎる。食べ物を粗末にしてはいけません、でも、おもしろいネ。ボケツッコミを畳み掛けるところのテンション感がたまらん。

一斗缶先生の新作を楽しみにしております。

キリがなくなるので(そしてキリなく書いていると編集さんにガチギレされかねないので)、ひとまずこのくらいで……と思ったが、大事なものを忘れてた。

shonenjumpplus.com

インディーズ連載。単行本化されないはずだったんだけど、応援するファンが多かったので、なんと出ることに。私も応援していたひとりなので、実にめでたい。

犬派の私もほっこり。ちょっと猫ちゃんが飼いたくなってしまう。それくらい、擬人化された猫ちゃんたち(含む虎)が愛らしいぞ。憂鬱な月曜日の癒しです。Love wii tear us apart……。

ここからさらに大きく羽ばたいてほしい。

【追記】

単行本の予約が始まったよ。

……ホント、なんで急にこんなエントリ書いてるのかよくわからんな。でも、いいんだよ。それがブログじゃありませんか。オレンジロードくらいきまぐれでありたいぜ。