「前Qのほめぱげ」という名のブログ

アニメ好きなおじさんこと前Q(前田久)が、なるべくアニメの話をしないという縛りで書いていくブログ……のはずが、ほとんどただの仕事履歴に。Twitterの方がアクティブだよ。 https://twitter.com/maeQ

プロフィール・主な仕事履歴

1982年生。ライター。通称「前Q」。東京都立大学法学部政治学科卒。大学在学中からライター業を始め、そのまま現在に至る。主な執筆ジャンルはアニメ(インタビュー中心)。ほかにアニソン、マンガ、ライトノベル関連の原稿も手掛ける。ライター業から派生する範囲で、トークイベント・ラジオなどのしゃべり仕事も行う。

仕事のご依頼は mae9biz@gmail.com まで。

 

【Webで読める記事】

『スーパーカブ』の“リアルすぎる表現”にみる日本アニメ35年の「リアルと嘘」 | 文春オンライン

札幌に戻ったら「最強」とか考えなくなった――炎の漫画家・島本和彦さん【ここから生み出す私たち】 - SUUMOタウン

INTERVIEW | SPECIAL | Re:CREATORS(レクリエイターズ) (キャストインタビューシリーズを担当)

人生における「3つの分岐点」 | ニコニコニュース オリジナル

齋藤将嗣①異質な大人の面白さを教わった『カウボーイビバップ』 | Febri

横槍メンゴ①自分の欲しいものが全部入っていた『十兵衛ちゃん』 | Febri

今川泰宏①アニメの仕事をしようと思った『くじらのホセフィーナ』 | Febri

吉田健一①将来の仕事を意識した『機動戦士ガンダム』 | Febri

伊藤智彦①「作り手の意識」を初めて感じた『新世紀エヴァンゲリオン』 | Febri

古川知宏① 作家の「様式美」が詰まった『聖闘士星矢 真紅の少年伝説』 | Febri

上江洲誠① 「子供」から「オタク」になるスイッチ『強殖装甲ガイバー』 | Febri

白土晴一① 戦闘の描き方を知った『機甲猟兵メロウリンク』 | Febri

野村和也① 業界に入るきっかけとなった『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』 | Febri

Febri RECOMMEND 大人になったアナタに優しい「名店」の味 『怪人開発部の黒井津さん』 | Febri

 

【レギュラー仕事】

・「月刊ニュータイプ

(2005年12月号から現在まで、ほぼ毎号、各種取材・テキストライティングを担当)

 

・「電撃萌王

連載コラム「俺の萌えキャラ王国」(2015年6月号〜連載中)

 

・アニメハック

連載コラム「前Qの『いいアニメを見に行こう』」連載中

https://anime.eiga.com/news/column/maeq_iianime/

 

・「週刊文春

書評欄「ベストセラー解剖」枠を担当

文春図書館 ベストセラー解剖 | 文春オンライン

 

NHKウィークリーステラ」

(月イチ程度の不定期でコラム「前Qの アニメってホントいいもんですね!連載中」

 

【ラジオ、イベント出演等】

NHK-FM三森すずことアニソンパラダイス」

(番組内コーナー「三森アニソン研究所」「三森アニソン研究所P」

 2016年4月の放送開始時から、2021年3月の番組終了までレギュラー出演)

 

日本オタク大賞

(アニメ部門のプレゼンターとして毎年登壇)

 

・映画『若おかみは小学生!』舞台挨拶司会

(全国公開時、舞台挨拶ほぼすべてで司会を担当)

 

【書籍】

animestyle.jp

機動戦艦ナデシコ』特集で、インタビューの聞き手と各種書き原稿を担当

 

声優をプロデュース。 (星海社新書)

声優をプロデュース。 (星海社新書)

  • 作者:納谷 僚介
  • 発売日: 2018/04/27
  • メディア: 新書
 

(※構成を担当)

 

【パッケージ、イベントパンフレット等】

 

・「〈物語〉フェス パンフレット」

(※出演キャスト全員のインタビューを担当)

 

ブックレットのテキストライティング全般を担当 

 

ブックレットのスタッフ・キャストインタビューを担当

 

……他多数。ブログの【仕事履歴】タグ、Twitterもご参照いただければ幸いです。 

「【2020年版】SUUMOタウン人気記事ランキング」1位!

とても久々に更新。

suumo.jp

昨年「聞き手・文」を担当した島本和彦先生のインタビュー記事が、SUUMOタウンの人気記事ランキングで1位を獲得してました。いやー、率直にうれしい。ありがとうございます。

suumo.jp

というわけで、記念カキコ(死語だ……)でした。